大 標準 小

日本赤十字社高知県支部

日本赤十字社高知県支部は、
災害救護、救急法等講習会、国際活動、ボランティア、青少年赤十字の育成等さまざまな事業を展開しています。

赤十字について

日本赤十字社高知県支部とは

大正10年に高知市西広小路に完成した支部事務所

大正10年に高知市西広小路に完成した支部事務所

 日本赤十字社(本社:東京都港区)は、1877年(明治10年)に創立された博愛社を前身とし、1887年(明治20年)に日本赤十字社として改称し、現在は日本赤十字社法に基づき設置された法人です。

 事務局として事業を行う本社、支部(47都道府県に設置)のほか病院、血液センター、社会福祉施設など様々な赤十字事業が行われており、高知県内の事業や活動を担うのが日本赤十字社高知県支部です。

 日本赤十字社高知県支部は、明治20年(1887年)11月15日に日本赤十字社高知県委員部として設置され、国内外での災害救護、医療(高知赤十字病院)・血液(高知県赤十字血液センター)などの事業、救急法などの普及、奉仕団活動、青少年赤十字など幅広い分野で活動をしています。

 特に、支部(事務局)の活動は、赤十字社員や県民の皆様、市町村、社会福祉協議会、赤十字奉仕団などの多くの皆様のご理解やご支援などによって支えられています。

総合あんしんセンター 現在は、総合あんしんセンター1階東北部に事務所を構えています。

 

 

 

 

 

あんしんセンター支部 HP

総合あんしんセンターと北側旧庁舎との間に通用口があります。

 

沿革

高知県支部の沿革

現勢

日赤高知県支部現勢

予算決算

予算・決算

事業報告

事業報告